Top > 理想的なグラフパターン

理想的な基礎体温表


妊娠に最も適した基礎体温グラフパターンとは、ご存じですか。

ここでは、理想的とされる基礎体温表の形についてわかりやすく解説
していきたいと思います。

一般的に、健康な身体の状態で、基礎体温表をつけていった場合には、
低温期と高温期のサイクル日数が等間隔できれいに以降していきます。

この理想とされる基礎体温表を表したものが、以下のグラフとなります。

理想的な基礎体温グラフ

上のグラフを見ますと、月経の始まり(高温期の終わり)から、排卵がある日
までにかかる日数は、約14日となっております。

この14日間は、低い体温を維持している状態で、「低温期」と呼ばれています。

次に低温期が終わる頃には、排卵を生じることになります。
排卵を生じた後は体温が上昇し、一気に「高温期」へと移行します。

高温期における体温は高い状態に維持され、約14日間、高温期 が
続くことになるのです。



このように、理想的な基礎体温グラフが現れたとき、高温期と低温期は、
きれいに二相に分かれています。

高温期と低温期の日数期間は、それぞれ14日であり、
1サイクル28日になり、これが理想的な基礎体温パターンとなります。

ただ、現実的には、上図の基礎体温表のようにきれいな
グラフが描けるというわけでもありません。

女性の身体は、とても敏感です。軽いストレスやちょっとした睡眠不足
であっても、 基礎体温表には敏感に反応するのですします。

よって上図のようなきれいで完璧な基礎体温グラフにはならないかも
しれません。

ただ、ある程度理想型に近ければ、健康的な状態であると
いけるかと思います。



このように、上図のような基礎体温グラフを現しているときが、
身体の状態がよい状態であり、妊娠しやすい体質であると
言えるのです。

参考として、理想とされる基礎体温の条件を、以下に
簡単にまとめてみました。

妊娠に適した基礎体温グラフの特徴

● 高温期及び低温期の日数がは14日前後
● 高温期における体温が、36.8度前後
● 高温期での体温が、36.5度以上
● 高温期での体温の変動が0.2〜0.3度
● 低温期と高温期の平均温度差は約0.4度
● 低温期と高温期は、きれいな二相に分かれている
● 低温期から高温期への移行日数は、二日以内


◆グラフ波形パターン一覧◆

| 理想的な波形パターン | 高温期が長い | 高温期がない | 低温期が長すぎる |
高温期の途中の陥没 | 高温期が低い | 低温期が高い | 高温期が短い |
基礎体温が全体的に低い | ばらばらで安定しない |

項目一覧

| 基礎体温TOP  | 基礎体温とは  | 基礎体温表の見方  | 体温と妊娠の関係 | 排卵日の予測  | 排卵と妊娠妊娠とタイミング排卵日の症状